松濤会について

松濤會とは

日本空手道松濤會は「近代空手道の父」と言われている船越義珍先生を祖師とした伝統ある団体です。

「松濤」というのは、船越先生の「雅号」です。

松のように堂々と、岩に砕ける怒濤のように力強くとの思いから「松濤」とされました。

稽古風景

当時、船越先生は「唐手」を「空手」と改名し、かつ「空手術」を「空手道」に変更されました。

さらに、現在広く人口に膾炙されている「空手に先手なし」を含む「空手道二十訓」を完成し、空手道を学ぶ者の心得、空手道修行者の人生訓として示しました。

この空手道二十訓は日本空手道松濤會の基本理念となっています。

 

船越先生は、沖縄に伝わっていた、重厚堅固にして体力を練り、筋力を鍛えるに適した昭霊流と、軽捷機敏な早業を駆使する少林流の一長一短を目し、両派を取り入れて松濤館制定型とされました。

そして入門の型として「大極の型」もこれに加えられました。

「型」の稽古には、「左右均等に体を動かす」「前進・後退・転身には円滑な身体重心の移動が必要である」「息切れしない呼吸法が求められる」など体育的要素と武術的要素がとりいれられています。

これによって松濤館制定型は、稽古する人の目的に応じて、健康法、美容法、護身術、また精神修養ともなり得るのです。

 

また、松濤會では、「型に忠実であれ、空手に試合はないのだ」という船越先生の遺訓を遵守し、「型」稽古を重視した稽古体系を守っています。

武道的立場から見ると、「型」は技法の無限の変化を含んでおり、反復訓練する中で新たな発見を自覚するものです。

さらに、「型」の分解動作、組手(試合ではない)稽古によって武術に必要な「間合い」の会得を図ります。

 

また「空手は一切の武術の根本である」という思想に基づき、本部道場松濤館に於いては、日常稽古の他に定期的に棍講習会を開催し、初級の棍として棍の基本、中級以上の棍の型・棍の組手を行い棍技術の習得も図っています。

 

 

船越先生の教えに、空手道は「精神修養の道であると共に、誰にでも出来る、体力がなくとも長く続けられる体育であり、健康法であり、護身術である」という言葉があります。

 

すなわち、松濤會空手道はけっして筋力や体力の優れた人たちのための武術ではなく、年齢・性別・性格・身体の大小などに関わりなく、誰でも始められる武術なのです。

 

私たちの社会において、世界中の、あらゆる年代の現代人が求め、必要としている、無理なく続けられる体育であり、健康法であり、護身術であるとも言えるでしょう。

 

松濤會二十訓