稽古内容

1 準備稽古

簡単な準備体操から開脚前進、反り跳びなど松濤館における独自の稽古を行い、足腰を鍛練します。その後、柔軟体操で十分に体を解していきます。

準備稽古:反り飛び

準備稽古:柔軟

 

2 移動稽古

騎馬立ちという空手においてもっとも基本となる立ちから、主将の号令で突きを繰り出します。これが終わると前屈立ち、後屈立ちという姿勢から前進、後進を繰り返しつつ、突き、受け、蹴りを順次行います。

騎馬立ち:突き

追い突き

 

3 組手

一対一で相手と相対し、攻め手・受け手に分かれて突き、蹴り、受けを行います。前述の移動稽古の成果を試す機会です。

組み手

組み手

 

4 型

自分に仮想敵がいると想定し、一分前後の決められた動作を繰り返していきます。型は先人達が研鑽を重ね、作り上げた賜物であり、空手の集大成ともいうべきものです。

型

型