会則

中央大学空手道会会則

 

第 1 章 総 則

(名称)

第1条     本会は、中央大学空手道会(以下「空手道会又は本会」という。)と称する。

(事務所)

第2条     本会は、本部を中央大学空手部(以下「空手部」という。)内(東京都八王子市)に置く。

 

第 2 章 目的及び事業

(目的)

第3条 本会は、会員相互の親睦とその向上並びに本会の発展に寄与すること及び空手部の興隆を目的とする。

(事業内容)

第4条 本会は、前条の目的達成のために、次に掲げる事業を行う。

(1)  空手部及びその部員を指導すること。

(2)  会員と部員との親睦懇談会等を開催すること。

(3)  空手部部長並びに監督を推薦すること。

(4)  空手部師範を推戴すること。

(5)  その他本会の目的を達成するために必要と認める事業。

 

第 3 章 会 員

(定義)

第5条 本会の会員は、空手道会に所属する者をいう。

(種類)

第6条 本会の会員は、正会員及び特別会員をもって構成する。

2 正会員は、中央大学に在学中に空手部に入部し、空手部に在籍のまま卒業または部員として最終年を終了し、かつ、幹事会が正会員たる地位を承認した者をいう。

3 特別会員は、空手部と縁故があり、かつ、幹事会が特別会員たる地位を推薦した   者をいう。

(入会)

第7条 本会の会員として入会しようとする者は、その旨を記載した書面(入会申込書)を本会幹事長に提出するものとする。

2 前項の申し込みがあったときは、幹事長は、速やかに、幹事会の承認を求めなければならない。

3 幹事会は、正当な理由がある場合を除き、入会の申し込みを承認しなければならない。

4 幹事会が入会の申し込みを承認しないときは、速やかに、理由を付した書面をもって本人にその旨の通知をしなければならない。

 

(退会)

第8条 会員は、幹事長に対し、幹事長が別に定める退会届を提出し、退会することができる。

(会員資格の喪失)

第9条 会員が次の各号の一に該当するに至ったときは、その資格を喪失する。

(1) 退会届を提出したとき。

(2) 本人が死亡したとき。

(3) 正当な理由なく、本会会費規則に定める一定期間、会費を滞納し、かつ、催告を受けてもこれを納入しないとき。

(4) 除名されたとき。

(懲戒)

第10条 会員が、次の各号の一に該当するに至ったときは、本会は、当該会員に対し、幹事会の決定により、総会の議決を経て、懲戒をすることができる。

(1)  会員に非行があったとき。

(2)  本会の名誉を傷つけ、または、目的に反する行為をしたとき。

2 懲戒は、別途、本会懲戒規則により定める。

(拠出金品の不返還)

第11条 既納の入会金、会費及びその他の拠出金品は、これを返還しない。

 

第 4 章 役 員

(種別及び定数)

第12条 本会には次の役員を置く。

(1) 会長  1名

(2) 幹事長 1名

(3) 幹事  各卒業年度に1名以上

但し、新卒会員(新OB、OG)は、卒業後3年間につき、各卒業年度に2名ずつ

2 本会は、顧問を置くことができる。

(会長)

第13条 会長は、本会を代表し、会務を統括する。

2 会長は、総会において、会員より選出する。

3 会長の任期は2年とする。但し、再任または他の役員との重任を妨げない。

4 会長が欠けたときは、総会において、遅滞なく、会員よりその職務を代行する者を選出する。

(幹事)

第14条 幹事は、会務を処理する。

2 幹事は、総会において、会員より選出する。

3 幹事の任期は、2年とする。但し、再任または他の役員との重任を妨げない。

  4 幹事が欠けたとき、その他必要と認めるときは、幹事長は、新たに1名の幹事を、その者と同じ卒業年度から指名し、これを追加、補充することができる。

 

5 前項の場合において、新たに指名された幹事は、次に開かれる総会において、その承認を受けなければならない。

(幹事長)

第15条 幹事長は、会務を主催し、執行する。

2 幹事長は、幹事会において、幹事の互選により選出する。

3 幹事長の任期は2年とする。但し、再任または他の役員との重任を妨げない。

  4 幹事長が欠けたとき、又は、会務を主催、執行することが困難となったときは、総会において、遅滞なく、新たな幹事長を幹事より選出することを要する。

(顧問)

第16条 顧問は、本会の諮問に応ずる。

2 顧問は、幹事会の推薦により、会長が委嘱する。

3 顧問の任期は、2年とする。但し、再任または他の役員との重任を妨げない。

(補欠の任期)

第17条 補欠、又は、増員によって就任した役員の任期は、前任者又は現任者の任期の残任期間とする。

2 役員は、辞任又は任期満了において、後任者が就任するまでその職務を行うことを要する。

(解任)

第18条 役員が次の各号の一に該当するに至ったときは、総会の議決により、これを解任することができる。

(1)     心身の故障のために職務の遂行に堪えないと認められたとき。

(2)     職務上の義務違反、その他役員としてふさわしくない行為があったとき。

2 前項の場合において、総会の議決を経る前に、その役員に対し、弁明の機会を与えなければならない。

 

第 5 章 総会及び幹事会

(種類)

第19条 本会の会議は、総会及び幹事会の2種とする。

(総会)

第20条 総会は、会員による会議をいう。

2 総会は、正会員及び特別会員をもって構成する。

3 総会は、定時総会及び臨時総会の2種とする。

(開催)

第21条 定時総会は、毎年1回これを開催する。

  2 臨時総会は、次の各号の一に該当する場合に開催する。

(1)     幹事会が開催を必要と認め、その招集を請求したとき。

(2) 正会員の総数の5分の1以上から、会議の目的である事項について、書面をもって招集の請求があったとき。

(議事事項)

第22条 総会は、以下の事項につき、審議し議決する。

(1)     会長、幹事及び幹事長の選任又は役員の解任。

(2)     空手部師範の推戴及び空手部部長・監督・顧問の推薦。

(3)     事業計画及び収支予算並びにその変更の承認。

(4)     事業報告及び収支決算の承認。

(5)     会員の懲戒。

(6)     本会会則の改正、変更。

(7)     その他本会並びに空手部に関する重要な事項で、かつ、幹事会が総会に付議することを決定した事項。

(招集手続)

第23条 定時総会は、会長が幹事長に命じ、招集する。

2 臨時総会は、会長が幹事長に命じ、招集する。

3 定時総会及び臨時総会の各議長は、会長又は会長があらかじめ指名した会員とする。

(議決方法)

第24条 総会の議決は、会員各自の信念に基づいて行われることを要し、本会則に特別の定めある場合を除き、出席会員の過半数をもって、これを決し、可否同数の場合は議長の決するところによる。

(幹事会)

第25条 幹事会は、幹事による会議をいう。

2 幹事会は、幹事をもって構成する。

(開催)

第26条 幹事会は、次の各号の一に該当する場合に開催する。

(1)     幹事長が必要と認めた場合。

(2)     幹事総数の3分の1以上から、会議の目的である事項について、書面をもって招集の請求があったとき。

(議事事項)

第27条 幹事会は、以下の事項につき、審議し議決する。

(1) 正会員の承認及び特別会員の推薦。

(2) 顧問の推薦。

(3) 規則の制定、改訂、廃止。

(4) 会費に関する事項。

(5) 事務局及び部会の設置、事務局長及び部会長の選任。

(6) 総会に付議する事項。

(7) 空手部部長及び監督から委嘱された事項。

(8) その他本会の運営に必要な事項。

(招集手続)

第28条 幹事会は、適宜、幹事長が招集する。

2 幹事会の議長は幹事長又は幹事長があらかじめ指名した幹事とする。

(議決方法)

第29条 幹事会の議決は、出席幹事の過半数をもって、これを決し、可否同数の場合は議長の決するところによる。

 

第 6 章 事務局及び部会

(設置)

第30条 幹事会は、本会の組織、運営に関する必要事項を迅速かつ機動的に処理するため、事務局及び部会を設ける。

(事務局)

第31条 事務局は、部会を掌理し、事務局参与、事務局長、事務局次長及び事務局員をもって構成する。

2 事務局参与は、事務局及び部会を総理し、幹事会の議決を経て、幹事長が委嘱する。

3 事務局長は、幹事会の議決を経て、幹事長が委嘱する。

4 事務局次長及び事務局員は、事務局長が任免する。

(部会)

第32条 部会は、広報部、行事部及び組織部の3種とする。

2 部会は、部会長、副部会長及び部会員をもって構成する。

3 部会長は、幹事会の議決を経て、幹事長が委嘱する。

4 副部会長及び部会員は、部会長が任免する。

(新卒会員入局制度)

第33条 新卒会員(新OB、OG)の幹事(2名)は、事務局員として、本会の運営に携わる。

2 前項の事務局員の任期は、3年とする。但し、前項の任期終了後、引き続き事務局にとどまることを妨げない。

3 第1項の事務局員の、本会に対する前項の任期中の年会費については、別途会費規則で定める。

 

第 7 章 会 費

(会費)

第34条 本会の運営にかかる経費は、会費、寄付金及びその他の収入をもってこれにあてる。

2 会費は、入会費、年会費及び特別会費とする。

(入会費)

第35条 本会の会員になろうとする者は、本会に対し、入会費を支払わなければならない。

2 入会費は、別途、本会会費規則により定める。

(年会費)

第36条 本会の会員は、本会に対し、毎年年会費を支払わなければならない。

2 年会費は、別途、本会会費規則により定める。

(特別会費)

第37条 本会の会員は、本会に対し、特別行事等の必要に応じて、特別会費を支払わなければならない。

2 特別会費は、別途、本会会費規則により定める。

(会計年度)

第38条 本会の会計年度は、毎年1月1日に始まり12月31日までとする。

 

 

 

第 8 章 改 正

(改正手続)

第39条 本会則を改正、変更する場合は、総会において、出席会員の3分の2以上の多数の議決を要する。

 

 

附則

本会則は、昭和37年7月4日付施行したものを昭和50年10月1日改訂する。

平成2年5月14日改訂施行する。

平成14年6月10日改訂施行する。

平成17年6月24日改訂施行する。

平成22年4月15日改訂施行する。

平成27年8月21日改訂施行する。